カリフォルニアの庭と黒猫と里子

庭・猫・健康・里子のことなど

里子が来て2年と4か月

Covid19のせいで考えることが増えた今日この頃です。

 

仕事は半分に減り、収入的にはきついのですが私はこのペースが今実はかなり気に入っています。

 

ご飯をしっかり作る余裕があり

ガーデニングをちょこちょこする余裕があり

週末にしっかりと家族で時間を過ごす余裕があり

 

仕事をちょっとできて

子供と離れる時間もあって

じっくりと考えることができる時間がある。

 

なんて最高の贅沢ではありませんか。。。。

 

なんて言っていられるのも、今のところお金が減ってきてないからでありまして

 

先延ばしされた確定申告の期限も迫っていますし

お金払わないといけませんし

収入減ってますし

仕事先の賃貸停納してますし(爆

正直これから3か月先が恐ろしい。。。と思ってはいるのですが。

 

 

 

さて里子の養子の最終手続きも近くなってまいりました。

里子が来て2年と約4か月。

 

4月に終わると言われていたのが、コロナのおかげで6月後半に伸び、そしてさらに伸び、おそらく8月。もしかしたら秋になってしまうそうですが。。。

 

今いろいろありすぎて、頭が爆発しそうな私です。

 

 

里子を受け入れて

 

トラウマについてたくさん学ばせてもらって

 

人間の心理もたくさん学ばせてもらって

 

たくさんの人の教えや助けを受けて

 

人種間の摩擦や社会の問題に対しても考えさせられて

 

旦那との関係を再構築させられ

 

この2年と4か月

 

正直人生で今一番たくさんのことを学ばせてもらったと思います。

 

自分の情けなさ、足りないところを目の前に突き付けられ

 

自分がマイノリティで外国人だということをつきつけられ

 

自分に子供ができないということを見つめ

 

社会の負を里子を通して感じました。

 

 

 

正直つらかった。自分で決めたこと。

受け入れると決めたこと。なんて浅はかな決断だったのかと正直思います。

 

私は何にもまったくわかっていなかった。

 

 

いまでもそうです。いまでもわかってない。

 

里子に申し訳なくていっぱいになります。

 

 

ただでさえ、めちゃくちゃ大変な乳児期、幼児期を過ごしたのに

こんなに足りてない親でごめん。と本当に思います。

 

でも彼がもう大事な子供であることは変わらず

たまに逃げ出したくなることもたくさんあるけれど

彼もここにいたいと言ってくれている。

 

もう家族になっています。

 

 

変な家族だけど。肌の色も文化もバラバラ。

ぶきっちょだし、疑い深いし(旦那と里子)

私は丸のみしすぎるし。

 

でも人間として親としてカップルとして、自分たちだけでは絶対にできなかった成長をさせてもらいました。そして今でもこれからも成長させてもらえると思っています。

 

 

最近養子が近づいてきているので心の準備のために里子に話すようにしています。

そうすると今日も昨日も、いきなりスーツケースを持ち出して外を歩きだした里子。

 

あれ、どこかおでかけ?

 

と聞くと、きまずそうに

 

「僕、家出て違うとこ探すから。。。。」

といいます。

 

そういうこと言われると自信のないあほちんな里親の私は、私じゃやっぱりだめなのかな。。。と思ってしまいます。

 

んでも彼が聞きたい言葉は

「何いってんの、あなたのうちはここでしょ。どこにも行ってほしくないよ。」

そして抱きしめてもらうこと。

 

そういう風にいってもらいたくてこんなことしたの?って聞くと、

素直に、「うん」というあたりまだまだかわいい7歳です。

 

でもきっと心の中に、出たい気持ちもあるのかもしれません。

生まれてきた家族、肌の色が同じ家族、文化を共有する家族、友達に、「え、あの人がママなの?」と言われなくてすむ家族。。。それを求めたいと思う気持ちはあるだろうし、当たり前の気持ちだと思います。

 

だから、ずっと家族でいてほしいよ。どこにも行かないで。と伝えると同時に、そんな気持ちを持っていてもいいよ。と。いろんな気持ちがあって当たり前だからね。という話もしてはいます。

 

 

異文化間、異人種間の養子は難しいといわれています。でもアメリカでの異文化間の養子はものすごく頻繁に行われています。その背景には子供を養子にする余裕のある家庭は白人に多いということがあるのですが。

 

アメリカ人の特に白人は、養子の文化背景、人種の違いを無視する傾向にあるそうです。(これはセラピストたちから聞く話であってリサーチなどの確証はありません。)

 

私たちの子供なんだから私たちのやり方で育てる。

 

間違ってはいないような気もするのですが、

 

私は彼が彼のすべてを大切にできるようになってほしい。

肌の色も、踊りがうまいことも、祖先がおそらくアフリカのどこかから来たことも、美しい黒い瞳も、クルックルの髪の毛も、誇りに思ってほしい。白人の文化に全部合わせる必要がないということを知ってほしい。

 

異人種、異文化間の養子、子育ては親がやはりたくさん勉強していかないといけないのだと、ここ最近改めて感じました。

 

アメリカで大きくなっているBlack Lives Matter運動。

 

たくさんの思いが駆け巡っています。

黒人の息子を育てる。

アジア人の私では、私流の子育て、では足りません。愛があればそれだけでいいわけではありません。愛は必須。それに加えてもっともっと必要です。

 

 

少しずつでも勉強していこう。

頑張ります。

黒人であるこの子の未来がもっと明るい未来でありますように。。


f:id:Kuromameta:20200613030848j:image

 

黒人差別 里子の未来のために

暴動が激化する1日前、仕事に出かけようと急いで車を走らせていたら市役所の前でゆっくりとプラカードを一人で掲げて歩いている初老の黒人女性を見かけました。

 

Black Lives Matter.

たった一人でお花の絵で飾ったプラカードを掲げ、ゆっくりゆっくり歩いていました。

 

悲しそうながらも強い思いを感じられる表情をされていました。その姿を見て、この人はどういう思いをして生きてきたんだろ。この人は、そしてこの人の親やおじいさんおばあさん、ひいじいさんひいばあさんはどんな思いをして一生を送ったんだろう。って思ったら涙が出てきてしまいました。

 

このあとうちの町でも少しずつ抗議運動は広まっていきました。

 

少しずつ進歩してるとはいえ、黒人差別の根は本当に深いです。

 

去年姉がガーナに仕事に行きました。

その時に港のそばにあった歴史的建造物の門。

そこには Point of No Return と書かれていたそうです。

 

ここから先にいったら戻れないということ。

 

その門からどれだけの人が奴隷としてヨーロッパ、アメリカに連れていかれたのでしょうか。。。

 

黒人に対する激しい暴力的差別は日常茶飯事で起きているこの国。ずっと前から多分もっと多く起きていたのでしょうが、おそらく簡単にビデオが撮れるようになったことも身近に感じるようになった一因なのだと思います。ニュースにならないで起きていることなんてたくさんあると思います。

 

 

アメリカでは車を走らせていて、警察に止められるときは黒人の人たちはかなり注意しなくてはいけません。勝手に銃に手を伸ばしていると勘違いされ、殺されることがあるからです。

 

 

一度フリーウェイで路肩に止めさせられている黒人一家の車を横目でみたことがあります。BMWを運転していて、裕福そうな、日曜だったので教会の帰りでしょうか、みんなきれいな服を着ている家族でした。

 

それでも運転していたお母さんは気をつけて車を路肩に止め、顔は緊張と恐怖に満ちていました。一瞬でしたが私の目にそのお母さんの顔が印象に残ったのをおぼえています。

 

 

私のうちの裏庭側には黒人さん一家が住んでいます。

 

里子をはじめて受け取ったとき、一家のお父さんに言われました。君たちがやってることは素晴らしいことだと思う。だけど黒人の男の子を育てるということはどう言うことだかわかってるのか? 警察に対してどういう態度をしなくてはいけないか、犯罪者と勘違いされないように教育できるのか?命を守るために厳しくしつけないとダメだ。その覚悟はあるのか?私も手伝えることがあれば手伝うから、いつでも聞いてくれ。と言われたのです。

 

旦那はこの国で育ってるのでもちろんその事実は知っていたけど、実際に自分の家族にそういう問題が出てくることを改めて認識したといってました。私はな~んもわかってなかった。

 

そしてプリスクール(年中さん)を始めたとき、ある日機嫌がすごく悪かった里子の様子をみて、あれ、なにか学校であったの??と聞いてみると

 

ママ、僕は悪い子なんでしょ?黒人だから。

僕のママ(産みの親)が白人の方がいい人間なんだって言ってた。と言い出しました。

 

それを聞いて私は「それは全くもって違うよ。」と抱きしめることしかできませんでした。

 

誰かに学校でなにか言われたの??と聞くと、

 

「私黒人とは遊ばないの。」ってクラスメートの女の子に言われたといい、泣き出してしまいました。

 

ひえーーーもうきたか。。。。こんなに若い年齢であるんか。。

 

なんとかなだめて、世界には色々な人種があること、ママとパパも違う人種だということ、人種がちがくても友達だって家族だってなれるんだということ。みんな平等であるべきだということを話しました。

 

まだ5才だったので黒人の奴隷からの歴史を教えるにはまだ早いと思ったのですが、簡潔に話しました。有色人種と白人の違い。有色人種は差別されることがあること、黒人は差別をされやすいことを少しずつ説明しました。

 

あなたは黒人だから

あなたのことを肌のいろだけで判断して

いやがられることはこれからもあるよと。

 

悲しいことだし、間違っていることだし、あなたはな~~~~んも悪いことしてないよ。

 

ママはあなたの肌色が大好きだし、とーってもきれいだと思ってるよ。

 

ということを伝えました。

 

 

それからもことあるごとに話しています。

 

里子は今では少しずつ自分に自信が持ててきているようですが、それでも社会から自然と受けとるイメージがあるのでしょう、黒人であることを恥ずかしがったり隠したがったりすることがあります。

 

正解という対応はあるのかわかりません。

私たちがこうであってほしいという理想と現実は違うし、その理想の実現は大きな社会ではなし得ないことなのかもしれません。

 

 

今回の事件でジョージ フロイドさんが警察に押さえつけられているビデオが一瞬テレビに映ってしまったりしたのですが、(急いで変えましたが) 里子は心配そうに今のは??あの人どうしたの?ととても気になったようでした。

 

何でもないよ、と何もなかったふりもできたのかもしれませんが、子供は真実を教えられるべきだと私は信じているので

説明をしました。

 

 

黒人の人が警察に殺されちゃったんだと。

 

黒人であるということで不当な扱いをされてる人たちがまだ一杯いるんだよ。

 

今それでみんなが立ち上がって

 

みんなを平等に扱おうってやってるんだよ。と。命は平等だから。

 

 

まだまだわかってないけど、でも何となく黒人差別の現実はわかってきているようです。

 

先週末うちの町の市役所前でパレードをやっていました。100人程度の小さいものでしたが、みんなちゃんとマスクをしてある程度の距離をとって静かに平和に行進しました。

 

里子はその非日常な光景を見て怖がり、でも見つめていました。一緒に歩きたくないと言うので無理強いはせずに私がまず行進。

 

そこで旦那が里子の前サポートカウンセラーだった人が歩いているのを発見。彼はメキシコ系のアメリカ人で奥さんはメキシコの人です。

 

里子に気づいた彼は里子のそばに来て、ゆっくりと僕と一緒に歩こう。と誘ってくれました。

 

それに納得した里子は私の旦那に肩車してもらい、行進に参加しました。

 

行進にはしっかりと警察も二人パトロールしながら見回っており、私たちの姿を見てにっこりしてくれました。白人至上主義者らしい人が人が近づいてきてなんやら文句をいって来たときもさっと静かに対応に当たってくれていました。

 

私たちが先頭になっちゃったとき、みんなが里子の名前を上げて拍手して、里子は恥ずかしそうにも両手を上げて応えました。行進には白人、メキシコ人、色々混ざってそうな人、黒人、アジア人と色々な人種がいました。

 

黒人の男の人がビデオを撮りながら、世の中は変わっていくと信じてる。とコメントしていました。

 

 

アメリカがいやになることはたくさんあります。超絶資本主義、身勝手な個人主義、物質主義。生産性ばかりを求める仕事のやり方。(個人的な経験と勝手な見解で言っています 😆) 

 

 

でも声をあげられる自由があることは確か。(あげても聞かれるかどうかはおいといて。。)

 

 

いろんな人種が一緒になる美しさを体験できることも確かです。私はそこがアメリカで一番好きなところと言ってもいいかもしれません。

 

今回のことで、せめて私たちの家族のなかと小さなコミュニティのサークルでは肌の色に関係なく子供たちが胸を張れる環境を実現できますようにと祈りつつ、毎日努力をして勉強していく覚悟をさせられました。

 

色々な人がいていい。民族、生活習慣、肌のいろ、LGBT、障害。お互いみんなそのままで美しい存在だっていうことを認め慈しむ。

 

そんな美しいモザイク模様の世界が造られていくように、祈りながらできることを少しずつやっていこうと思います。

 

里子の未来がもっと希望で溢れていますように。。。




f:id:Kuromameta:20200606031004j:image

 

 

養子へ その2

一年ほど前に私どうやら里子を養子にすることに決めたと言う日記を書いていました。

気がついたら一年もたってますけど
まだ実は里子のままです。。。

まずすべてうまくいっていれば去年の11月にすべて終わってるはずでした。


しかし去年の9月頃公立の幼稚園にうつったあたりから、里子の問題行動が劇的に増え始めました。

新しい環境の変化に対応できず、あまりにも気分や感情のコントロールができなくなって暴力も激しくなり、私も馬乗りになってパンチされそうになるなど、大変になってしまって旦那が養子にする自信がない。と引いてしまったのです。

旦那は私が彼に将来傷つけられてしまうことを本気で心配し、そしてもし私が先に亡くなるようなことがあれば一人で育てる自信がない。。と。

そんな状態の旦那を無理矢理引っ張って養子を進められるわけもなく、かといって一年半も一緒に過ごした里子を、はいそれじゃあね、と追い出すなんて私にはできず。。。

ソーシャルワーカーやセラピストたちとも相談してやっぱり彼がうちに残るのが彼にとっては一番いいだろうと言うことになったのです。

セラピーの数を増やし、6才半を越えたところで向精神薬を処方されました。
最初は薬にたいして反対派だった私も旦那も、薬をとることによって脳のホルモン、ケミカルバランスが整うと、子供も楽になる場合があるケースは見たことがあるし、将来一生必要じゃない子供たちもいるし、と色々相談してやってみることにしました。

母親のお腹のなかにいた頃からストレスやトラウマを受けていて、母親を通じてアルコール、たばこ、メタンフェタミン、コカインなどを体に取り入れてしまっていたこの子に、教育とセラピーだけでその脳内回路を変えろって言うのはかなり大変なことだとも言われました。

一番最初の妊娠3ヶ月の間に、重要な臓器や中枢神経が作られていきます。ドラッグは神経毒が多いですから脳と神経の発達に悪影響を及ぼします。アメリカでは里子になってしまう子供の親はドラッグをやっていることが多い。そして自分が妊娠していることにも気がつかず、胎児は神経毒を浴びて成長し、母親の不安定な心と体の中で育ちます。。


赤ちゃんが生まれたときに血液検査でドラッグが陽性になると病院では離脱症状のためにモルヒネやメサドンなどの強い薬を新生児にあげなくてはいけないそうです。
強いドラッグには強い薬で対抗しなければいけない。悲しすぎます。。


里子は薬をとるようになって暴力が90%減りました。かかっている精神科のお医者さんはPTSDによるADHDらしい症状なども10年前と比べてかなり治療法が進んだといっていました。今里子がとっている薬は副作用も少なく体に残りにくいものだし、脳の神経回路に変化をもたらしてくれるから、って言われました。

まだまだ研究は続いてる状態ではありますが、薬をとるようになってからストレスが減った里子を見ると、薬もやっぱり使いようだと思います。


まあそんなわけで、ティーンになる頃にはもっと大変になるんだろうなと思うんですが、そんなときはやっぱりもうプロに助けてもらいながら、リハビリ施設にいれなくちゃいけないこともあるかもしれない覚悟で、少年刑務所に入るかもしれない覚悟で、この子を養子にすることに決めました。


なんでそんな苦労をかって出るんだって言われるし、自分でも思います。

ただ私たちはこの子の命が愛しく、あわれで、でも美しいと思うので覚悟を決めました。


んで、4月に養子手続き全部終わるはずだったのがコビッドでまた無期限延期に!!

またやっぱ無理!!って旦那が言い出すかと思いましたが今度はもう大丈夫みたいです。

彼が来たお陰で自分のうつ病とも真剣に向き合い始めた旦那。今なんと自分の薬をやめて1ヶ月たちます。
25年取り続けた薬を少しずつやめて、いま自分の心と体を感じようとしています。
私たちの関係も前よりずっと健康的になってきたと思います。


私たちは里子のお陰で何十倍も成長させてもらっています。


これから辛いこともたくさんあるだろうなあと思いますが、まあどうなるかなんてやってみなけりゃわからん。


毎日、今に感謝して今日も一日頑張るぞ!


f:id:Kuromameta:20200527012127j:plain
里子はお父さんの背中をいつも見ているなと思います。がんばれ二人とも!!

今年の春の庭

Covidのせいでこの2ヶ月ほどいつもより時間がある毎日を過ごしました。
仕事が少し戻ってきてまたあまり時間のない日々に戻ったのですがそれでも忙しかったときよりはるかにスローペースで毎日が進んでいます。


そんなわけで写真とったり庭に出たりする時間は増えました。庭は4年目を迎え、庭の植物たちがそれぞれに定着し、ちょっとやそっとではもう枯れないなというところまで成長したように思います。一度枯れたかに思えたものも、根っこで繋がっていたのか、少し移動して大繁殖していたり、植えたばかりの時は60cm位だった木も、4年で3mほどに成長しました。


人間がストレスを感じていても、世界中の国が異常事態になっていても植物たちは季節と共に命の営みを続けています。私はなんとも言えないストレスを抱えている状況ですが、植物や昆虫、鳥達がいつもと変わらず常に変化している姿に元気をもらっている気がします。私たちも状況に対応、順応しながらやっていくしかないのですよね。。


ハミングバードセージはますます元気に最盛期を迎えました。1~2年目は虫にやられて生き残るかわからないくらいだったのが信じられないくらい繁殖してます。
f:id:Kuromameta:20200521133119j:plain


シーサイドデイジーを始め、みんなもりもり春から初夏の間にすごい成長を見せます。
f:id:Kuromameta:20200524102806j:plain


朝日が当たり始めるとすぐに庭に出て心地よいところで寝始めるマメタ。最近は昼間は一日中庭で寝ています。
f:id:Kuromameta:20200524133808j:plain


f:id:Kuromameta:20200524133908j:plain
今年はこのチューリップポピーが庭のあちこちで大繁殖。。。増え方がすごいので種を作る前になるべく引っこ抜いちゃってます。でもこの黄色で庭がとっても明るくなります。

f:id:Kuromameta:20200524140409j:plain
朝日と共に在来種のハーブっぽい香りが地面から浮き立って来ます。毎朝気持ちのよい空気を吸って気分が少しよくなります。里子の気分次第であっという間に落とされたりもしますが!


ハミングバードも水浴びに何度も訪れます。
f:id:Kuromameta:20200524102848j:plain


里子がよく、
「僕は植物とか興味ないの。ママもダディもいっつも植物ばっか!僕はスポーツ系の男だからさ~」なんていうのですが(笑)、確かに育ち盛りの激しい男の子からしたら確かにこういうお庭は物足りないのかもしれません。お友だちのおうちの様に、トランポリンがあったりブランコがあったり、バスケやサッカーのゴールがある方がいいのかもしれません。(歩いて3分のところに公園があるので考えなかった。。)


それでもオンラインのクラスを庭で受けながら(金曜日はみんなで体操をします)、「ママ~~!!急いできて!!見て見て!!蝶々が3匹もいるよ!すごいね!」と呼びに部屋に飛び込んできました。

植物や自然は興味ないなんていっていても自然に興味や関心が育ってるのかなとちょっと期待しています。


庭に来るモナーク蝶。
最近とっても多くて、モナークだけでなくいろいろな蝶が来ます。
f:id:Kuromameta:20200524102922j:plain
f:id:Kuromameta:20200524102956j:plain


今年は珍しい見たことのない蝶も多く、写真とれたら記録に残そうと思っています。しかし蝶々を写真に撮るのが難しくって!たくさん撮れるといいんだけどな。


そろそろ花たちも終わりに向かいます。
そしたらまた剪定作業。永遠に終わることのない庭仕事。写真はちょっと前ので、きれいなとき真っ盛りですが今は大分荒れてきてます(笑)。仕事少し増やしただけで全く追い付けなくなっちゃった。とりあえず子育て終わったらもっとガーデニングに時間を費やしたいなあ。10年後も20年後もそういうことができる世の中でありますように。元気な心で生きていけます様に。

Covid19の記録 その3 : 人々編

さて

残しておきたいことがもうひとつ。。


ロックダウン始まってから8週間、約二ヶ月が経ったカリフォルニア。

私の住む郡では今のところ死亡者は20人ちょいで、健康な人がなくなったという報告はまだ起きていません。

私のごく勝手な解釈ですが人々の雰囲気だとか心理も週ごとに移っていったように思います。みんな同じような心理状況を体験しているなと感じました。

~最初の2週間~
みんなワケわからずにウイルスを恐れ、やたらと手を洗い、やたらとお互い触れないようにしていた時期。スーパーなどにいくとピリピリした雰囲気。
まだみんな新しいやり方になれていなく、試行錯誤をしていた。アジア人差別はこのときが一番気になったかも。。いろんな情報が飛び交っていて混乱と恐怖が強かった。

~次の2週間~
仕事の量ががくんと減り、また解雇された人たちも出てきて、不安ながらも一気にゆっくりになった生活のペースにちょっとほんわかしていた時期。空気もきれいになり始め騒音が減りまるで世界が静止したような錯覚におちいる。たくさんの人がいろいろな気付きをしていた。新しいリズムに慣れ始めた。子供は学校がないのを喜んでいた時期。

~5週目から6週目~
少しずつイライラが溜まり始めた時期。経済的な不安が増え、Covid19がもたらす症状などの詳細やいろいろな新しい説がニュースに出るようになる。どこへ行っても怒りや苛立ちの空気を感じるようになる。家で働くことのリズムが出来上がってきたと同時に働きにいけないストレスや子供の面倒や家事との両立に対するストレスも募っていく。

~7 週目~
満月の週だったからだろうか。ストレスがみんな限界に近いのを感じる。子供たちみ~んな人のはなし聞けなくなるし問題行動が増える。(うちの子もしかり。。。)子供たちがこぞって泣き出したり、学校に行きたいと叫んだり、友達に会いたい!!と言うようになる。話によると普段文句ばっかりのティーンですら学校が恋しい模様。

~8週目~
母の日の週末を境にみんな我慢の限界になる。立ち話をしてる人が多くなる。近所の子供たちが一緒に遊び始める。2~3家族が集まってしまうことが増える。母の日で集まった家族親戚内で結局ソーシャルディスタンス守れなくなっている。自然系の公共施設(ハイキングトレイルやビーチ)が使えるようになる。駐車場はまだしまったままなのでみんな道路に止めたりしてるから意味がないような。。。。人との会話をしだすと止まらない人が多い。自分も含む。

~9週目~
久しぶりにフリーウェイ渋滞を見る。これが毎日だったことを忘れていた。嫌だな。。。少しずつ小売りのビジネスを開くことを許可されたためか、人出が増えたのだろう。まだまだCurbside pickupといって、オンラインや電話で注文したものを店の外において店の人と近づくことなく受けとるというものしか許可されていないが、小売り店からしたらそれでもなんとか営業したいだろうなあ。。人が少しずつリラックスしてきていて、もうよくない??って思ってる人が増えてる印象を受ける。少しずつ倒産のニュースが増え始める。

とこんな感じでしょうか。。

おまけに猫編

うちのマメタ氏。
毎日里子がいるからか(家のなかで暴れる)そして暖かいからか一日中庭で寝ている。
しかしいつでも要望に答えてくれる召し使いの私がいるからか要求が増える。
猫会議に参加させられたり一緒にここ座れと言われたりだっこしろ言われたり。。
子供が3人いるみたい(旦那を含む)

疲れたなあ。。。。。



f:id:Kuromameta:20200518044953j:plain


先週末はハイキングに行けて癒されたのですが今週は旦那が腰を痛めてどこも行けませぬ。せめて先週の写真を見て癒されます。

Covid19の記録 その2:仕事編

家にいる時間多いのに、いや、多いからか家がぐっちゃぐちゃです。

 

もともと注意欠陥症気味の私は、何かをやりはじめてほかのことに気がちって中断したりしてしまうタイプ。。

 

んなもんでやりかけの中途半端なものが家じゅうにゴロゴロ散らかり、増えていき、それらを見るたびにもっとやる気をなくすという悪循環に陥っています。

 

なのでこれを書いているのはたぶん半分逃避と、心の整理をしようとしているのかと思います。

 

 

 

私の仕事は理学療法士です。今は子供たちを見ていますが、Covid19のおかげで仕事はあがったりになりました。

 

ZoomやDoxy.meというサイトでオンラインでやっていますが、そこまでしてやりたいという親が全体の4分の1くらいでしょうか。。。

 

私はオフィススペースも借りているのでそのレンタルや、アラーム、電気代などは続けてかかります。

 

まだまだ手のかかる年齢の里子をみながら、家からオンラインのセッションをして、家事をして、というのはなかなかに大変でして、悩んでいます。

 

里子の面倒をしっかり見てあげたいし、かといってNOといえない日本人なので、子供を診てほしいと言われればどうしてもYesと言ってしまう。

 

そして毎週のように変わる状況に対していろいろな機関から来るEmailを読まなくてはいけないのですが、そんな時間も心の余裕もなく、このままでは仕事できなくなってしまうのは明白です。

 

とりあえず再来週から里子が午後から預けられるはずなので、午後は仕事に集中して、どう変わるか。

里子も外に出ることができてほかの子供と遊んだら少しよくなるかもしれないので、なんとか1日1日1歩ずつやっていくしかないのでしょうね。

 

もう2千万人以上の人が仕事を切られたと。

ほとんどの人はTemporary という話でありましたが、長期化すると倒産も増えるでしょうしホームレスも増えてくるだろうし、税金はこれから増えるだろうし、先のことを考えると不安ですね。

 

今まであったものが突然なくなったことに対して人間はどうやって対応していくのでしょうね。

 

私の職場は、グループセラピーに来る子供たちはみんなでポップコーンを一緒に作って、ゲームを一緒にして、語って、運動して、そんな場所を提供する場所でした。

 

私はグループセラピーにくる子は見ていませんでしたが、作業療法士と心理療法士に理学療法士、言語聴覚士みんなで一緒に子供たちを診る仕事でした。子供たちがもっと自分に自信をもって生きていけるように。まさにそれがみんなの目標で一緒に働いていました。

少し変わっていて、学校や社会生活で少し受け入れられがたい子供たちが心地よく過ごせる場所で成長していく。そんな仕事場が私はすごく好きでした。

 

子供たちが少しずつ自信をつけて新しいことに挑戦しようと変わっていく姿を見るのが何よりうれしくて。

 

 

それがもうしばらくはできないのです。

 

今やっているビデオ会議を通してのセッションにも意義はあると思います。

まず家で何もできない子供たちの毎日にある程度の構造や規律を組み込むことができます。

そしてとりあえず家でも何かできることをやり、体と脳を刺激させる。

それくらいはできているかと思います。

でももちろんクリニックでやれることとは全然違うし、バンドエイド的な役割しか今はできてないかなと思います。

 

今の状態はやっぱり生物兵器戦争と同じ状態だと思っています。

こんな時だからこそ集まって一緒に頑張っていきたいのに、それができない。

 

なんかハッとしたアイディアがひらめけばいいのですが、なかなかそうもいきませんね。。。

とりあえずみんなの体と心がなんとか保てるように少しずつできることをするしかないのかなあ。

お金が続く間は。。。ですが。。( ノД`)シクシク…

 

早く落ち着くことを願うしかありません。

 

 

今日はオフィスを借りているビルのオーナーに賃貸を免除してもらうための書類をそろえたいのですが

気が重いわ~~~。

 

このビルのオーナー、若い20代の兄弟なんですけど、二人ともテスラ乗ってるし。

自家用飛行機でいろんなとこ行くし。

どれだけ金持ちなんだろうと思います。でもめっちゃケチです。

親から受け継いだお金でそういう暮らしをして、でもうちらみたいな小者からはお金を巻き上げるのですよ。。。フフフ。人生ってほんといろいろですね。

 

2か月くらい免除してくれーー。私はこの安い賃貸だって払うのけっこうな負担なんだ~~~!

 

と最後は文句を吐き出して締めます。

 

みんな頑張って乗り越えられますように!!

Covid19の記録 その1:里子編

いやはや

 

世界が大変なことになりましたね。

やっかいなウイルスが私たちの生活を一変変えてしまいました。

 

カリフォルニアで最初のロックダウンが始まったのは3月半ばだったかな?

 

里子の学校が完全にクローズしてから7週間が経ったと思います。

 

私も仕事はここ6週間、ZoomやDoxy.meというサービスを使ってPTのセッションをしています。

しかし小さな子供にエクササイズをZoomでさせるというのは無理があり

それでも続けたいといってくれた親は25人中10人。

そのうち保険が降りる子供たちは8人。

収入はかなーり減ります。

 

まあそれは仕事編に記録をすることにして

 

里子はZoomで毎日10時から11時の間に学校があります。

毎日課題が決められており、読み書き、算数、道徳の宿題が1週間に少し出ます。

しかし里子幼稚園生なんで、(こっちではK,1,2,3,4,5年,が小学校ですがKは幼稚園みたいなものです)一時間一人でZoomで授業なんて受けられなく、その一時間は私もそばでちょいちょい手伝わなくてはなりません。私のコンピューターいろいろさわっちゃうから。。。😭 

 

昨日なんて、よしよし、ちゃんと先生のお話聞いてるぞ!私もちょっと仕事のメールの返信をしちゃおう。。。て思った瞬間、バチーーンと激しくパソコンを閉じる里子。。

 

おいおい、何しとるねん??

と聞くと

あー、うん、休憩してるの。

と全く悪気なしに自分のタブレットで遊び始めました。結局私がZoomにサインインしなおし。。。

 

これは学校と同じなんだよ、先生のお話やお友だちのお話聞こうね。と諭そうとするも

だってつまんねーーー。といいつつグダグダする里子。

こちらもキレそうになりつつ

まだ6才。まだ6才。と言い聞かせとりあえずなんとか1時間頑張ってもらいました。

毎日はけっこうきつい。

 

学校の内容も幼稚園らしく、みんなで自分の週末でたのしかったことを発表する、とか

本を一緒に読んで感想を言うとか、絵を一緒に書く、とか簡単なことではあるんですけどね。

 

社会的スキルや友達や先生の事を忘れないためにはやっぱりあった方がいいなとは思います。なんせ9月まで学校へ行かないわけですから。。。泣

 

噂では7月末か8月から新学年が始まるという話もありますが、先生たちかわいそうすぎるし、まだまだどうなるかわかりません。

 

 

あと家でずーっと一緒に過ごして感じたのは、里子の発達具合がよくみえるようになったことでしょうか。

 

毎日生活していると、いろいろなスキルがやっぱりまだ3-4歳だということを感じます。

トラウマを受けた子供たちは成長の度合いがいろいろとちぐはぐになります。

 

子供を相手に仕事をし、里子を育てていると、成長過程というものはスキップできるものではないということを感じるのです。

 

親と愛着を結べなかった赤ちゃん時代を過ごした里子たちは10歳であろうが11歳であろうが、ティーンであろうが、赤ちゃんに戻ることはよくあるそうです。

 

私の里子はうちにきたとき0歳だったのだなと本当に今は思います。

力強かったし暴れたし、刃物をしまっている扉の鍵をこじあけたりする知恵はありましたが😩

精神年齢、感情のコントロール、親との信頼、そんなものはやっぱり0-1歳だったのでしょう。

 

学校に行くようになってから、つい彼ができるよりもっと多くのものを求めてしまっていたのかなと思います。

 

家にいると3-4歳と過ごしているような気になりますが、本当に社会スキル感情のスキルなどはそのくらいの年齢なのだろうなと思います。

背は130cmもあるんですけどね。。。

 

言葉も少しまた遅れだしてしまいました。 クラスのほかの子が話しているのを聞くと、やっぱり遅れているし、3-4歳と同じレベルだと思います。(ブロークンイングリッシュの私と過ごしているからというのもありますが。。。涙)

 

彼が今の状態でできる以上のものを求めないように私も頭を柔らかくして対応しないといけません。が、つい怒りっぽくなってしまう私です。

反省反省の毎日です。

 

2週間後には医療関係者の子供を優先してみてくれるしっかりしたYMCAのデイケアが開くので、申し込みをしました。

 

私も何だかんだ仕事がしっかりできなくイライラもつのってしまっていたし、里子も言葉の遅れ等が出てきてしまったので少しましになるとよいなと思っています。

 

今の状況はみんな大変なんですけど、子供家にいながら仕事はやっぱりみんな超大変だと思います。

 

でも子供がいるから笑顔をもらえることもたくさんあるので、そんな瞬間を大事にできたらいいですね。

 

学校は止まっても子供の成長は止まらない。

今のこの停滞しているように見えるこの時間が大きな流れでみたら大きな成長につながってるといいなと願いつつ。。。自分もね。

 

このような状況の中で、皆さんの体も心もどうにか支えられますように!!

 

関係ないけどマメタ氏の写真。暖かくなったので一日中庭で寝ています。腰いたくなってフラフラ起き上がっていますけどね。。もう16才になりました。私の癒しです。ありがとマメタ💕
f:id:Kuromameta:20200506130921j:image