カリフォルニアの庭と黒猫と

庭・猫・健康のことなど

暗闇は光を輝かすもの 里子との生活

里子が来てからチャレンジの連続の我が家。

私も旦那も、今自分たちの課題としているのは、怒らないこと。


私たちがどうしても感情を抑えられず、怒ったり大きな声を出してしまう瞬間があります。


それは殴られたりする時です。たり、というのは、物を投げられる、ひっかかれる、つばをかけられる、噛みつかれる、髪の毛引っ張られる、などなど、暴力の総攻撃をうけるからです。


私たちの里子にはImpulse control。つまり衝動を抑えて一呼吸置く。それがないので、なにか気に食わないことがあるとすぐ手が出ます。もの投げられます。水ぶっかけられます。。(数は減ってきましたけどね!)


すぐ手を出されていた環境で育ってしまったため、そのように行動することが染みついているのでしょうね。


また人との関わり方が不器用で、甘え方もおかしいし(体を触りまくる)、甘えるタイミングもおかしい。実の母親からいわゆる普通のスキンシップをもらっていなかったのか、愛着障害があるのだと思います。


里子に対して怒ってはいけないとは言われても、私たちも人間であり、大きな声を出してはいけないとは言われていても、叩かれ、ひっかかれ、やめてと言ってもやめなかったら大声を出したくなってしまいます。


自分が追い詰められてなかったり、余裕がある時は静かに諭す事ができるのですが、自分に余裕が無いとカーーっ!となってしまって大きな声をあげたりしてしまうのです。自分はなんて小さな人間なんだろうって自己嫌悪に陥ってしまいます。

セラピストは、いくらあなた達が怒鳴ってしまったりしても、里子のいた環境に比べたら天と地の差なのよ。だから自分の肩をたたいてあげてね。と言ってくれ、少し救われました。そして怒鳴ってごめんね、と謝ること。これだけでも全然違うのよ。と。


昨日の夜は一緒に音楽で踊って楽しんだ後、シャワーを浴びようね、その前にトイレ行くよって言ったあといきなり水をぶっかけられ、かなり大きな癇癪にうつってしまいました。


私たちも成長してきたのか怒らないで静かに彼を落ち着けることが出来ました。


落ち着いたあとは里子は少ない語彙で何が自分と自分の家族に起きたのかを語り始めました。トラウマはこういうふうに少しずつ出てくるそうです。



今は彼は起きてる間はずっと一緒にいないと不安、という状態で、何をやるのにもつきまとい、足にしがみついてきたりします。不安なのはわかる。慰めてあげないといけないのもわかる。でも何を言っても反抗され、怒りにうつらないように気をつけ、四六時中付きまとわれる、ということを繰り返していると神経すり減ります。


2歳児くらいの精神年齢だから。とよく言われるし、頭では理解していますが、なんせ2歳ではなくもっと大きいので、危ないものに手が届いてしまう。。椅子を持ってきてよじ登ったりするので、普通のベイビープルーフは通用しません。。

料理用ナイフも私でも背伸びしないと届かないところに鍵付きで置いてあり、料理をするたびに積み重なる手間にイライラしたりしてしまいます。


色々な人やセラピストなどにおすすめの本を聞いたり、おすすめの人の講習会などを聞いたりできる限りしているのですが、読む暇もなかなかない。

ですが少ない中から今日はこの言葉を引用させていただきます。

The dark does not destroy the light; it defines it. It’s our fear of the dark that casts our joy into the shadows. -- Brene Brown

  • 暗闇が光を壊すことはありません。暗闇は光を明確にします。暗闇に対する恐怖が私たちの喜びを影に落とすのです。-ブレーネ・ブラウン

私たちの生活はただいまストレスに満ちています。
暗い影がたくさんうようよしています。里子が経験してしまったたくさんの辛いことや悲しいことがうちの中で爆発します。

でも暗闇があれば光もある。
暗闇を怖がって、照らすことをやめたらダメなんですよね。光は暗闇があるからこそ輝くことが出来る。


里子についているたくさんの暗い影。そのせいでしょうか、やけに星空がキラキラして見えたり、家の中にフワッと入ってくる風に癒されたり、何気ないことがとてもうれしく感じます。

つらいことが、楽しいことや幸せを感じることをより明確にしているような気がするのです。


辛いことも多く、限界!もう無理!!となりますが、周りの人に支えられ、頑張り続けようと思います。

庭にもパワーをもらって頑張るぞ〜!

f:id:Kuromameta:20180409235954j:plain
大好きなカリフォルニアライラック
蜂たちが大忙しで働いています。

f:id:Kuromameta:20180410000051j:plain
古い携帯のカメラでとったのでイマイチですが、去年に比べてお花が全然少ないし、開花が遅れています。でも外へ出るととても良いコヨーテミントとクリーブランドセイジの香りがして癒されます。